高次脳機能障害の等級

Pocket

高次脳機能障害についてですが、その度合いによって等級分けがされています。高次脳機能障害というのは、神経や精神に対して支障をきたす障害のことを言います。身体がマヒすることによって、運動機能の低下が起こり、歩行困難などが生じます。また、身体の半分が思うとおりに動かないということもありますし、神経障害が起こるということもあります。こうしたことを総合的に見たうえで、交通事故後後遺障害の等級を決定することになるのです。

高次脳機能障害最も重いとされているのは1級です。労働能力の喪失が100%となっており、神経系の機能、精神に対して障害が残るものとなっており、1人では行動することも出来ません。つまりは介護すら必要とするものとなってしまうわけです。9級の場合、かろうじて行動は出来るのですが、精神や神経系統に障害が残ることもあって、作業能率が低下してしまいますし、一人で物事を解決できないことから働くことも出来ません。

高次脳機能障害は、記憶をはじめとした生活するために必要な能力が足りなくなってしまいます。ですから、社会復帰は難しいと考えられてます。高次脳機能障害は、しばらくたってから障害に気が付くこともあります。症状固定時から3年と損害賠償請求権が定められていますから、弁護士を立てて分かった時点での損害賠償請求を行いたいものです。

関連情報・・・アディーレ法律事務所

管理者