高次脳機能障害とは

Pocket

交通事故被害を受けて後遺障害が残ったという場合に、特に重症化しやすいと言われているのが、高次脳機能障害というものです。脳がダメージを受けると、記憶が難しくなる、計算的に行動が出来ないといったように、生きていくうえで必要なことが出来なくなってしまいます。

高次脳機能障害高次脳機能障害が起こったとき、見られる症状としては、認知障害、行動障害、人格変化と言ったものが見られます。認知障害というのは、大きく分けると3つの障害から成り立ちます。記憶、記銘力障害というものが代表的なものとされているのですが、これは毎日の新しい出来事を記憶しておくことが出来なくなるものです。それから、注意・集中力障害というものがあり、これは何事にも集中が出来なくなるというものです。

遂行機能障害というものもあり、これは自分で計画通りに行動が出来なくなるというものです。行動障害の場合は、もしかしたら仕事を辞めざるを得ないかもしれません。社会のルールを守ることも難しくなってしまうからです。人格変化は、良い方向に行けばいいのですが、悪い方向に行くと、暴力や暴言が目立ってしまうこともありますし、自発性も失われて気力が低下してしまうことも考えられます。

管理者