高次脳機能障害の等級

高次脳機能障害についてですが、その度合いによって等級分けがされています。高次脳機能障害というのは、神経や精神に対して支障をきたす障害のことを言います。身体がマヒすることによって、運動機能の低下が起こり、歩行困難などが生じます。また、身体の半分が思うとおりに動かないということもありますし、神経障害が起こるということもあります。こうしたことを総合的に見たうえで、交通事故後後遺障害の等級を決定することになるのです。

高次脳機能障害最も重いとされているのは1級です。労働能力の喪失が100%となっており、神経系の機能、精神に対して障害が残るものとなっており、1人では行動することも出来ません。つまりは介護すら必要とするものとなってしまうわけです。9級の場合、かろうじて行動は出来るのですが、精神や神経系統に障害が残ることもあって、作業能率が低下してしまいますし、一人で物事を解決できないことから働くことも出来ません。

高次脳機能障害は、記憶をはじめとした生活するために必要な能力が足りなくなってしまいます。ですから、社会復帰は難しいと考えられてます。高次脳機能障害は、しばらくたってから障害に気が付くこともあります。症状固定時から3年と損害賠償請求権が定められていますから、弁護士を立てて分かった時点での損害賠償請求を行いたいものです。

関連情報・・・アディーレ法律事務所

高次脳機能障害とは

交通事故被害を受けて後遺障害が残ったという場合に、特に重症化しやすいと言われているのが、高次脳機能障害というものです。脳がダメージを受けると、記憶が難しくなる、計算的に行動が出来ないといったように、生きていくうえで必要なことが出来なくなってしまいます。

高次脳機能障害高次脳機能障害が起こったとき、見られる症状としては、認知障害、行動障害、人格変化と言ったものが見られます。認知障害というのは、大きく分けると3つの障害から成り立ちます。記憶、記銘力障害というものが代表的なものとされているのですが、これは毎日の新しい出来事を記憶しておくことが出来なくなるものです。それから、注意・集中力障害というものがあり、これは何事にも集中が出来なくなるというものです。

遂行機能障害というものもあり、これは自分で計画通りに行動が出来なくなるというものです。行動障害の場合は、もしかしたら仕事を辞めざるを得ないかもしれません。社会のルールを守ることも難しくなってしまうからです。人格変化は、良い方向に行けばいいのですが、悪い方向に行くと、暴力や暴言が目立ってしまうこともありますし、自発性も失われて気力が低下してしまうことも考えられます。

交通事故の後遺障害について

交通事故交通事故というのは、いつどこで起こるか分かりません。一歩間違えば、自分や家族が被害者になってしまうこともあるかもしれません。自分がどれだけ気をつけていたとしても、相手もあることですから、何が起こってもおかしくはないと思っておいて構いません。車の事故というのは、ものの数秒で起こるものですから、仮に事故が起こった場合にでも、どうしたらいいのか分からないということだってあり得る話なのです。被害者になったら、身体が動かなくなってしまうことだって十分に考えられることなのです

後遺症が残ってしまった場合には、社会復帰も難しくなるかもしれません。また、医療費の問題など、家計に響くことだってあるかもしれません。脳挫傷といった、身体の大事な部分が傷ついてしまうようなことがあった場合には、弁護士に対して依頼をすることが良いでしょう。脳挫傷のように、脳に損傷を受けてしまうようなものに関しては、特に社会復帰が難しいと言われているのです。脳への損傷は、時に人格までも変えてしまうと言われているのですが、それは高次脳機能障害と言われています。

高次脳機能障害は、外傷を受けたことによって、脳の形状が変わってしまうことが原因だと言われています。大脳の神経が一部遮断されてしまうことによって、情報伝達が上手に出来ない状態だとも言われているのです。では、この後遺障害の一つでもある、高次脳機能障害について、詳しく知っていきましょう。